2016年06月20日

ビオルガクレンジングのデメリット

ビオルガクレンジングにもデメリットがあります。

ビオルガクレンジングは、一番最初塗る時に顔や手が濡れていると使えません。
さらに、顔全体に塗り広げた後、濡らした手で顔をなでて、
クレンジングと水が混ざり合った乳化という状態にさせ、
これを3回程度繰り返さないといけないので、この手順が面倒で、
デメリットと思っている人が多いようです。

ですが、この手順をしっかりやれば、オイルクレンジングと比べても
メイクの落ちにはそう変わらず使用感はいいようです。

ビオルガクレンジングはジェルクレンジングに分類され、
オイルクレンジングよりも使った時の肌への負担が少ないので、
手順のデメリットさえ目を瞑れば、オイルクレンジングよりもおすすめできます。

ビオルガクレンジング